CLOLE株式会社は1999年日本・東京都世田谷区に設立いたしました。その後、その東京都杉並区に移転。

コンテンツの権利を管理する業態からスタートして以来、顧客動機に呼応するビジュアル・イメージングとテキスト・ビルディングを軸に、インターネット領域で活用されるさまざまなコンテンツを制作してまいりました。東京都武蔵野市に本社を移転の後、現在に至っておりますが、各種お客様のオールジャンルのオウンドメディア・サイトを企画・制作し、顧客導線の獲得成果を果たしてきている実績は、ここに基礎を形成されているのです。

 

さらに、インターネット技術と、情報コンテンツを最適化するサービスを開始するために、制作から、WEBソリューションまでの提供企業としての仕組み作りと実績を積み上げてまいりました。そして、東京工業大学、電気通信大学の研究室で「AI」システムを研究していた、Ranajit Chatterjeeとの合流で、システム・インテグレーションまでのワークを進めています。

 

テクニカル・エクスパートであるRanajitの参加は大きな転換となりました。現在Ranojitを中心に、複数のベンチャーのシステム設計と開発を進めています。また、インドと日本のベンチャー企業が協力する、協力開発の展開と、マーケティングの国際的基盤となる目標をもって活動しております。専門知識、スキル、リソースを提供するプラットフォームとしての機能も果たすようになり、各方面に技術知識と知見を提供しています。

 

今や当社は、デジタル・ネットワーク領域において、さまざまな技術とサービスをご提供できるようになりました。CLOLE株式会社は、複数のスキルの分散型コラボレーションの「美しさ」と「柔軟性」の未来を信じています。当社はオープン・プラットフォームな実務機能を大事にしながら、さまざまな事案に、努力し、社会へ貢献していきます。「未来は、技術と世界の人知の統合である」それが私たちの行動理念です。

 

CHIEKO KINOSHITA 木下千恵子 東京、日本

 

外観イメージ

Dr. Ranajit Chatterjee

CHIEF TECHNICAL CONSULTANT(チーフ・テクニカル・コンサルタント)

Dr. Ranajit ChatterjeeRanajitは、人工知能、ロボット工学、分散システム統合、組み込みシステム開発の分野で長い経験を持っています。インド科学大学(インド)、ジャダープル大学(インド)にて博士号を取得、東京工業大学(日本)、電気通信大学(日本)の「AI研究室」において、「AI-人工知能」の研究を進めてきました。
また、その他の産業研究機関。日本学術振興会(JPS)、日本化学イノベーション研究会(JCII)、科学技術振興機構(JST)、新エネルギー産業開発機構(NEDO)などの研究機関が資金を提供してきたプロジェクトに多く参加しています。
世界標準の知見とともに、日本での活動も長く、日本の文化・社会への知見を深く持つことが、比類ないスキルとなっています。

Mr. Kazuki Fujigasaki

WEB TECHNICAL DIRECTOR(ウェブ・テクニカル・ディレクター)

Mr. Kazuki FujigasakiFujigasakiは、サステナブルデザイン、WEBデザイン、WEBテクノクラートの分野で経験を積み上げてきました。
東京造形大学デザイン学科サステナブルプロジェクト学部を修了したのち、WEBテクノクラートの道に転身しました。
コンテンツ、デザイン、CMS等の造詣は深く、たいがいの問題は解決します。
日本独自のWEBソリューションの最適化、コンテンツのローカライズに関して、重要な知見を有しています。

Mr. Kaz Kinoshita

WEB TECHNICAL PRODUCER(ウェブ・テクニカル・プロデューサー)

Mr. Kaz KinoshitaKinoshitaは、コンテンツのテクニカル統合に特化したオーソリティです。ワールド・ワイド・ウェブ上のコンテンツの在り方に対しての研究と考察、人の求めるコンテンツ生成とインターフェイスの生成、に優れた知見を有しています。
人の行動の起点になる「動機」の掘り起こしに対しての視点に優れ、クライアント課題とユーザー動機を結び付けるインターフェイス・デベロップ、コンテンツ・デベロップのエキスパートです。
WWW上のコンテンツのカテゴリー・インターフェイスの在り方が、人間の情緒的欲求を無視できない、という見識を有しています。

 

STAFF